3月頃、桜の花が咲き始める頃。紫外線(UV)の量が、ぐんと増える季節です。
まだ、肌寒い日もあるというのに、紫外線(UV)は急激に増えるのですから、安心できませんね。
紫外線(UV)は、たとえ雨や曇りの日も、しっかりあるのです。
室内にも降り注いでしまうのです。
ですから、どこにいても紫外線(UV)対策は万全の状態で臨みましょう。

スポンサードリンク

紫外線対策グッズ

5月の連休が始まる頃から、デパートなどでは紫外線(UV)対策グッズが、店頭にたくさん並び始めます。
専用コーナーもできますよね。
しかし、本当は、もっと前から、紫外線(UV)対策グッズでお手入れする準備が必要なのです。

紫外線(UV)対策の最も基本は、日焼け止めです。サンスクリーンとも言います。
化粧の下地にもなる乳液タイプのものが出回っています。
また、ファンデーションにも、紫外線(UV)対策がしてあり紫外線をカットするタイプのものが売られています。

ほかにも、紫外線(UV)対策の専門コーナーには、日傘や長袖のシャツ、日よけ部分の大きな帽子や、室内でも紫外線をカットするためにすだれや日焼けシェードなどが売られていますね。

けれど、大切なのは、どれか一つだけを取り入れるというのではなく、総合的に紫外線(UV)対策をしないといけないということです。
全体で少しでも紫外線の量を減らすと言う考え方で、紫外線対策をしていきましょう。

紫外線対策効果を高めるためのポイントがいくつかありますから、ご紹介します。

まず、日傘や長袖のシャツなどは、なるべく黒いもの、または暗い色の色調のものを選ぶようにしてください。

最近では、紫外線(UV)を吸収する特殊加工をほどこした布地があり、それをつかってシャツや日傘が作られています。
日傘専用ではなく、雨が降った時にも使えるように、雨傘との兼用タイプが便利ですね。
また、この季節、車を運転する人は、アームカバーが必需品です。

日常生活の、いろいろな部分で、少しだけ気遣いをしながら、紫外線(UV)対策をすると、無理なく、紫外線対策ができますよ。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

紫外線対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.fo20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。